[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実「私はどの種目でも強くなりたい」 5000m五輪内定で決意「責任持って走る」

長距離種目の陸上・日本選手権で東京五輪代表内定を決めた選手たちが5日、大阪市内のホテルで会見した。女子5000メートルの田中希実(豊田自動織機TC)、女子1万メートルの新谷仁美(積水化学)、男子1万メートルの相澤晃(旭化成)が出席。レースから一夜明け、田中は「涙が出た」というメッセージを多くもらったことを明かし、責任を持って戦い抜くことを誓った。

東京五輪内定者会見に出席した田中希実【写真:浜田洋平】
東京五輪内定者会見に出席した田中希実【写真:浜田洋平】

東京五輪内定者会見

 長距離種目の陸上・日本選手権で東京五輪代表内定を決めた選手たちが5日、大阪市内のホテルで会見した。女子5000メートルの田中希実(豊田自動織機TC)、女子1万メートルの新谷仁美(積水化学)、男子1万メートルの相澤晃(旭化成)が出席。レースから一夜明け、田中は「涙が出た」というメッセージを多くもらったことを明かし、責任を持って戦い抜くことを誓った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 21歳の田中は、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)と1秒46差の15分05秒65で初優勝を飾り、五輪初出場を決めた。1学年下のライバルとのデッドヒートを繰り広げた激走。一夜明けた会見で「苦しい思いをして権利を獲得した。苦しかった分、嬉しいよりもまだ信じられないというか実感がわかない」と心境を明かした。

 若い世代の火花散るレース。新女王は多くの祝福を受けた。「直接会場でお会いした人とか、LINEでメッセージをくれた方々がいた。意外ですが、『泣いた』『涙が出た』という言葉を多くもらった。私も出しきれたけど、そこまで何かを感じてもらえたのは嬉しかった」。無我夢中で戦い抜き、心を揺さぶる争いだったことを知った。

 快走を見せた一方で、課題もある。「技術、体力を上げていく必要はあるけど、昨日までの苦しみの中でも精神的な弱さを自分自身感じていた」と吐露。「そこの部分の底上げをしないといけない。苦しみ抜いて結果を出すことが必要だけど、苦しいで終わるだけではなくて、しっかりそこで笑顔になって結果を出して人の心を動かせれば」と21歳らしからぬ広い視野で先を見据えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集