[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪内定の田中希実、“同世代ライバル”廣中璃梨佳との激戦に喜び「今後も続く関係」

陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルでは、21歳の田中希実(豊田自動織機TC)が15分05秒65で初優勝を飾り、東京五輪代表に内定。五輪初出場を決めた。優勝すれば内定していた20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分07秒11で2位。田中は1秒46差で決着したライバル関係を歓迎した。

優勝した田中希実(右)と2位の廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】
優勝した田中希実(右)と2位の廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】

21歳・田中希実が吐露、2位の20歳・廣中璃梨佳は「悔しい気持ちを伝えてくれた」

 陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルでは、21歳の田中希実(豊田自動織機TC)が15分05秒65で初優勝を飾り、東京五輪代表に内定。五輪初出場を決めた。優勝すれば内定していた20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分07秒11で2位。田中は1秒46差で決着したライバル関係を歓迎した。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 序盤から田中と廣中が上位につき、12分14秒で4000メートル通過した時には2人の一騎打ちとなった。残り1周で互いにペースアップ。逃げる廣中を田中が追い、残り200メートル地点で田中がトップに立った。歯を食いしばる廣中。しかし、最後は田中が突き放して初優勝で五輪出場を内定させた。

 優勝した方が東京五輪代表内定の大一番。激戦を制した田中は「どんな展開になっても、最後だけは勝ち切るという思いを持ってレースを進めていました」と吐露。レース直後に廣中と健闘を称え合い「廣中選手はすごく悔しいという気持ちを伝えてくれた。いいライバル関係がこれからも続いていくのかなと思います」と喜び交じりに胸を張った。

 自身が1学年上。兵庫・西脇工高時代も長崎商高のライバルを意識していた。「高校の時から本当に力のある選手だと尊敬していて、力もつけている。今もどっちが勝ってもおかしくないようなライバル関係」と切磋琢磨した間柄だと強調。一方、廣中も「相手を気にせず自分のペースで最後まで押し切ろうと思っていた。最後に押した結果、ラストは凄く強いなと感じた」と涙ながらに勝者を称えた。

 田中は昨秋のドーハ世界陸上5000メートルで自己ベスト15分0秒01をマーク。今季は7月に3000メートルで2002年の福士を、8月に1500メートルで06年の小林祐梨子を上回る日本新記録を叩き出していた。一方、廣中は9月の全日本実業団の5000メートルで日本歴代3位の自己ベスト14分59秒37を記録。今季は1500メートル、3000メートル、5000メートルで自己記録を更新するなど成長を見せていた。

 若い選手が日本のトップ戦線で凌ぎを削り、新時代に突入した。田中は「今回もどっちが勝ってもこれからの陸上に対する考え方が変わるいいレース。これからもライバル関係が続いていく良い関係だと思います」と歓迎。東京五輪に向けて「苦しい思いをして勝ち取った権利、無駄にせず自分自身と向き合いながら臨みたいと思います」と抱負を語った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集