[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花がパット好調の理由 序盤連続バーディーで首位堅守「このスコアに繋がった」

女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第2日が27日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。原英莉花(日本通運)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで単独首位をキープ。好調のパットでスコアをつくり、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は2番でバーディーを奪ったシーンの動画を公式インスタグラムで公開している。

通算9アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】
通算9アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】

原英莉花はパット好調、2番の連続バーディーを映した動画をJLPGA公開

 女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第2日が27日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。原英莉花(日本通運)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで単独首位をキープ。好調のパットでスコアをつくり、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は2番でバーディーを奪ったシーンの動画を公式インスタグラムで公開している。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 原は序盤から確実にチャンスをものにした。出だしの1番で7メートルのバーディーパットをねじ込むと、続く2番は残り90ヤードから2メートルに乗せた。パットを軽く打ってバーディー。キャディーとグータッチを交わすと、笑顔を輝かせた。動画を公開したJLPGAのコメント欄には「このまま4日間突っ走れ」などとエールが届き、原はオンライン会見でこう振り返った。

「今日もパットがよかった印象。パーパットでなかなかシビアな2、3メートルの距離が残ったけど、それをしっかり沈められたのでこのスコアに繋がった」

 前週は右膝痛で初日終了後に棄権した。力強いショットやドライバーの飛距離が武器だが、パットが好調の理由について「膝の調子もあって、重心の位置が狂っていたことに気づいた」と説明。踵と足の外側に乗り気味だった重心を、母指球にしっかり乗るように修正し「骨盤が立つ感じで安定しました。アドレスがしっくりきて、自分が振りやすい位置でストロークできている」と明かした。

 10月の日本女子オープンに続く国内メジャー2勝目、ツアー通算3勝目へ。2打差の2位につける渋野日向子(サントリー)らと優勝を争う。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集