[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、「ヒデキの70分」に米密着 ラウンド前から一流の“180本の準備力”とは?

男子ゴルフの世界ランク5位・松山英樹(レクサス)は大会連覇をかけ、30日開幕のヒーローワールドチャレンジに出場する。タイガー・ウッズ(米国)の復帰戦で話題を席巻する中、PGAツアーは前回覇者のウォーミングアップに注目。練習の一部始終に密着し、公式ツイッターに「これがツアー5度優勝者のラウンド前ウォームアップだ」と動画付きで紹介すると、話題を呼んでいる。

松山の練習にPGAツアーが密着、貴重シーンを公開…カウントした全180本の全容とは

 男子ゴルフの世界ランク5位・松山英樹(レクサス)は大会連覇をかけ、30日開幕のヒーローワールドチャレンジに出場する。タイガー・ウッズ(米国)の復帰戦で話題を席巻する中、PGAツアーは前回覇者のウォーミングアップに注目。練習の一部始終に密着し、公式ツイッターに「これがツアー5度優勝者のラウンド前ウォームアップだ」と動画付きで紹介すると、話題を呼んでいる。

 だから、一流と呼ばれるのだろう。「ヒデキの流儀」が海外で大きな注目を集めている。

 PGAツアーは公式ツイッターで「ヒデキ・マツヤマがヒーローワールドチャレンジ連覇へ。これがツアー5度優勝者のラウンド前ウォームアップだ」と題し、動画を公開。松山が練習ラウンドで調整する様子を最初から最後まで密着。詳細にレポートしている。

 まずは「グリーンに到着」と紹介し、パット練習を紹介。片手打ち24本、通常の両手打ち28本とカウントし、真剣な表情でパットを振る松山を映している。さらに、今度は練習場に出て、片手打ちを含め、ウェッジ、アイアン、ドライバーなどを順番に練習。各ショットの本数も伝えている。

 続いてアプローチに映り、ピッチング、バンカー、ピッチングと交互に放ち、再びパットを20本。締めくくりは1番ホールのティショットをかっ飛ばした。映像は最後に180本のショットを放ち、練習時間は1時間10分だったことを紹介している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集