[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、「69」でジワリ浮上 池ポチャ2回も粘りのゴルフ「疲れました。あはは」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン第3日は21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位と6打差の20位で出た昨年大会女王の渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギーの69で回って通算3アンダー。ホールアウト時点で暫定15位に浮上した。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディスオープン第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン第3日は21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位と6打差の20位で出た昨年大会女王の渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギーの69で回って通算3アンダー。ホールアウト時点で暫定15位に浮上した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 渋野が粘って粘ってジワリと浮上した。2番ホールでバーディーを先行させたが、続く3番はティーショットで池ポチャ。それでも3メートルのボギーパットを入れて踏ん張った。後半は11、12番で連続バーディー。17番も池に入れたがナイスパーセーブ。ムービングデーはスコアを2つ伸ばした。

 オンラインの会見では開口一番「疲れました。あはは(笑)」。続けて「ショットが大荒れで、池ポチャも2回もあって、ドライバーも曲がり、アイアンもダフるし、パッティングが助けてくれてアンダーで回れたので自分でもびっくりしています」と苦笑い交じりで振り返っていた。

 それでも表面上にはイライラを出さないように努めたという。「予選通過したことで気持ち的にも楽になったし、ミスの仕方もしょうもなさすぎて自分でも笑ってしまう。いらってする場面もありましたけど、コントロールして切り替えて、次のボールの場所に向かうという感じでした。気持ちのコントロールは凄くできていた。落ち着いて出来ていたのかなと」とプレー中の自身の心境を明かした。

 この日のプレーを喜怒哀楽で言うと?という質問に対して「アイってなんですか? 哀しいですか……。哀しいです」とこぼしながらも、最終日に向けては「今日粘りに粘って伸ばせたので、明日はやっぱりショットを修正してバーディーがより多くとれるように、明日も攻めるところは攻めてという感じのゴルフができればいいです」と1つでも上の順位を目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集