[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、パット復調に自虐「なかなか珍しい光景」 今季国内初アンダーで38位

女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕した。前週から国内ツアー復帰した渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で回って1アンダー。首位と6打差の38位で初日を終えた。ホールアウト後のオンライン会見では、パットの復調について「今日は0点くらいに戻ったかな」「なかなか珍しい光景」と自虐的に振り返った。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

TOTOジャパンクラシック初日、パットの復調に苦笑い「先週よりはマシ」

 女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕した。前週から国内ツアー復帰した渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で回って1アンダー。首位と6打差の38位で初日を終えた。ホールアウト後のオンライン会見では、パットの復調について「今日は0点くらいに戻ったかな」「なかなか珍しい光景」と自虐的に振り返った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 久々に安堵の表情を浮かべた。前半4番でダブルボギーを叩いたものの、11、12番で連続バーディーを奪うなど1アンダー。今季国内ツアー3戦目、計5ラウンド目にして初のアンダーパーとした。苦しんでいたパットに改善を感じた渋野は、時折苦笑いを浮かべながら会見で自虐的にこう語った。

「先週がマイナス100と言えるくらいのパットだとしたら、今日は0点くらいまで戻ったかなと。5メートルくらいのパットが入ってくれていたので、今年に入ってからはなかなか珍しい光景だなと思いました」

 前週の樋口久子・三菱電機レディースでは、短いパットを幾度となく外して予選落ちした。今大会前の2日には都内の施設でパッティングのストロークを分析。好調時の打ち方「イン・トゥ・イン」への改善を図った。この日は「1メートルのパットを緩まないように打つと決めていた」と目標設定し、不調からの脱却を目指していた。

 パットで1メートルを2度、1メートル半を1度外すなど、まだ完調とはいかない。「ストロークが自分で意識しないとアウトにあがっちゃうとわかっていたので、どの距離のパットでも今まで以上に意識して打っていた。その中でも3回外してしまったが、緩んで外したのはなかったので先週よりはマシかなと思う」と苦笑いした。

 ラウンド中は控えていたお菓子も、この日はキャディーに勧められてもぐもぐ。前週は国内ツアー2戦連続で予選落ちを喫したが、今大会は予選落ちがない。確かな手ごたえを得て復活を目指す。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集