[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSカシメロを再検討 アラム氏が実現に動く「凄まじい強打。いい試合になる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスデビュー戦でWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。米興行大手・トップランク社との契約初戦となった一戦を鮮烈KOで見事に飾った井上だが、同社のボブ・アラムCEOは次戦の有力候補について言及。WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と比較し「スキルはないが、凄まじいパワーがある」と分析している。

井上尚弥とトップランク社のボブ・アラムCEO(右)【写真:Getty Images】
井上尚弥とトップランク社のボブ・アラムCEO(右)【写真:Getty Images】

井上尚弥、注目の次戦相手にトップランク社CEOが言及

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスデビュー戦でWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。米興行大手・トップランク社との契約初戦となった一戦を鮮烈KOで見事に飾った井上だが、同社のボブ・アラムCEOは次戦の有力候補について言及。WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と比較し「スキルはないが、凄まじいパワーがある」と分析している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 数々のレジェンドをプロモートしてきたアラム氏は、英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」の公式YouTubeに登場。ラスベガスデビューを飾ったモンスターの展望について口を開いた。

「今後どこまで転級するか? バンタム級ではかなり大きく見えるが、彼はライトフライ級からキャリアをスタートさせたことを忘れてはいけない。どこまで転級できるかわからない。日本でいい陣営もついていることだし、彼らの方が我々よりその辺りを熟知しているだろう。転級すべきかは、彼らが教えてくれるだろう」

 井上はライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級で3階級制覇。今後のスーパーバンタム級転向などについて、アラム氏は本人ら陣営の意向に託す姿勢を示している。そして、次戦については新型コロナウイルスの感染拡大で4月25日に予定されていた3団体統一戦の相手、カシメロを有力候補に挙げている。

「カシメロ戦が再検討されるのか? 間違いない。彼にはイノウエのようなスキルはないが、バンタム級としては凄まじいパンチャーだ。だから、いい試合になるだろう」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集