[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子は38位発進 今季国内“初アンダーパー”に安堵「最後もちょっとしびれた」

女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕した。前週から国内ツアー復帰した渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの「71」。ホールアウト時点で首位と6打差の1アンダー、暫定37位で初日を終えた。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

TOTOジャパンクラシック初日、渋野日向子はパット復調に自虐「珍しい光景」

 女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕した。前週から国内ツアー復帰した渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で回って1アンダー。首位と6打差の38位で初日を終えた。ラウンド後はオンライン会見で取材に応じ、今季国内5ラウンド目で初のアンダーパーとなった内容を振り返った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 この日は原英莉花、畑岡奈紗と“黄金世代”3人で同組。スタートの1番で約1メートル半のバーディーパットを決めたが、4番でダブルボギーを叩くなど前半を1オーバーで折り返す。後半は11、12番で連続バーディーを奪って盛り返し、その後はパープレーだった。

 今季の国内ツアー3戦目、計5ラウンド目にして初のアンダーパー。ホールアウト後に臨んだオンライン会見では「久しぶりにやっとアンダーが出せた。日本では今年たぶん初めてですね。やっとだなと思う。(アンダーを決める18番の)最後のパットもちょっとしびれましたね」と安堵の表情を見せた。

 今大会は日本ツアー通算16勝のテレサ・ルーらを担いだベテランの古賀雄二キャディーと初タッグを組む。2日には都内の施設で、前週苦しんだパッティングのストロークを分析。好調時の打ち方「イン・トゥ・イン」への改善を図った。

「先週がマイナス100と言えるくらいのパットだとしたら、今日は0点くらいまで戻ったかなと。5メートルくらいのパットが入ってくれていたので、今年に入ってからはなかなか珍しい光景だなと思いました」

 パットの復調を自虐的に振り返った21歳。パットの改善には手ごたえをつかんだものの「要所要所で後悔しちゃうミスは多かった」と反省も語った。10月途中まで欧米を転戦し、先週に続いて今大会が国内復帰2戦目。「パー5の取りたいところで取れなかったので、しっかり取ることと、外したとしても自分が納得できるパットをしたい。今日のスコアよりいいスコアで回れるように頑張りたい」と先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集