[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比較動画でわかる井上尚弥の凄み “完全一致の右”にWBAも注目「勝負はついている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が繰り出した右ストレートの衝撃が広がっている。米ラスベガスでジェイソン・マロニー(オーストラリア)を沈めたKOパンチ。井上はSNSで試合前の練習動画を公開し、対策がハマったことを明かしていた。これに米興行大手・トップランク社も反応すると、WBA公式インスタグラムも「リングに上がる前に勝負はついている」と動画付きで続いた。練習と本番の比較シーンに海外ファンも「なんて精度だ」と注目している。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

マロニー粉砕の右が練習と完全一致。海外で広がる衝撃「プロフェッショナル」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が繰り出した右ストレートの衝撃が広がっている。米ラスベガスでジェイソン・マロニー(オーストラリア)を沈めたKOパンチ。井上はSNSで試合前の練習動画を公開し、対策がハマったことを明かしていた。これに米興行大手・トップランク社も反応すると、WBA公式インスタグラムも「リングに上がる前に勝負はついている」と動画付きで続いた。練習と本番の比較シーンに海外ファンも「なんて精度だ」と注目している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上の完璧な一撃にWBAも注目した。7回、マロニーの顔面を打ち抜いたカウンターの右ストレート。戦前から描いていた通りのフィニッシュブローだった。試合後、井上は「マロニー対策がバッチリ当てはまった!」と記し、リング上でミットを持つトレーナーにカウンターのタイミングを計りながら、何度も右を打ち込む動画を公開。これにトップランク社も反応した。

 公式ツイッターが練習動画と連動させるように、マロニーをKOしたシーンを並べていた。この投稿に米ファンから「何と美しい」「全てが計画通りだね」「反復練習は技術を生む」と称賛の声が上がっていたが、WBAも注目。同じく比較動画を用いながら「多くの人が、試合とはリングに上がる前に勝負はついているものだと言う。もし信じないならば、ナオヤ・イノウエに聞いてみて」と公式インスタグラムにつづった。

 コメント欄では、海外ファンから「練習が完璧な状態を作る典型的な例」「プロフェッショナルだ」「彼はパウンド・フォー・パウンド最高の選手だ」「モンスターだ」「なんて精度だ」と驚いた様子の声が上がっている。高精度の一発の衝撃が広がっているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集