[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、試合後に演じていた“敗者との抱擁”に日米で反響「滅茶苦茶良いシーン」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。激闘を繰り広げた両者はリング上で互いに抱擁し、健闘を称え合った。印象的なスポーツマンシップを、試合を主催した米興行大手・トップランク社が動画付きで公開し、日米ファンから反響が寄せられている。

井上尚弥(右)とジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
井上尚弥(右)とジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

敗者マロニーと抱擁、スポーツマンシップにトップランク社「両戦士に最敬礼」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。激闘を繰り広げた両者はリング上で互いに抱擁し、健闘を称え合った。印象的なスポーツマンシップを、試合を主催した米興行大手・トップランク社が動画付きで公開し、日米ファンから反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 勝敗が決したリングにスポーツマンシップあふれるシーンが広がった。井上が7回終了間際に鮮烈なカウンターでマロニーを沈めて決着。井上は感情を爆発させ、ダメージを受けたマロニーも回復し、しばらく経ったリング上だった。井上がリング中央でマロニーとガッチリ握手を交わし、そのまま抱擁。互いに見つめ合い、何やら声をかけるようにして健闘を称え合った。

 さらに、マロニー陣営が井上のもとに歩み寄り、握手、ハイタッチ。井上陣営もマロニーらと健闘を称えた。激闘直後のリング上で繰り広げられた印象的なシーンをトップランク社の公式ツイッターは「リ・ス・ペ・ク・ト。両戦士に最敬礼」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにしたファンからも続々と声が上がっている。

 米ファンからは「ナイス!」「最高だね」「素晴らしい行動だ」「これこそボクシングのあるべき姿」「素晴らしいスポーツマンシップだ」などと声が上がり、日本人ファンからも「両者健闘を称え合うのはとても美しい」「滅茶苦茶、良いシーンです」「良い光景だ」「コレが見たかった」「ボクシングのこういうところ大好き」と反響が寄せられていた。

 強さのみならず、紳士的な振る舞いはかねてからファンも目の当たりにしてきた井上。マロニーも試合前から王者に対するリスペクトを持ったコメントをしていた。2人の激闘のみならず、試合後のスポーツマンシップも日米ファンの視線を集めることになった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集