[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

評価高まる井上尚弥にカシメロ陣営がもう挑発開始「井上より優れた相手と戦ってきた」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。華々しいラスベガスデビューを飾り、今後は4団体統一へ向けて再び動き出すが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)のプロモーターを務めるショーン・ギボンズ氏が再び挑発を繰り出している。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

次戦相手を巡る米記者同士のやりとりに突如“乱入”

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。華々しいラスベガスデビューを飾り、今後は4団体統一へ向けて再び動き出すが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)のプロモーターを務めるショーン・ギボンズ氏が再び挑発を繰り出している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 完璧なタイミングのカウンターを叩き込み、初上陸のラスベガスで鮮烈な印象を残したモンスター。1年ぶりの試合でマロニーを撃破し、米メディアの関心事は早くも次戦の相手に移りつつある。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」のクリフ・ロルド記者と米誌「リング」でPFPランキング評価委員などを務めるアダム・アブラモビッツ記者がツイッター上でこんなやりとりを始めた。

 ロルド記者「もしもカシメロが次にイノウエと戦うのであれば、カシメロは過去約10年間で、非凡なムザラネに奪われた以外一度もKO負けしたことがない。現在6連勝中だ」

 当初は4月に対戦予定だったが、新型コロナウイルスの影響で試合が流れたWBO王者カシメロの名前を挙げ、井上との対戦に着目した。

 するとアブラモビッツ記者は「打ち合いだ!」と予測。これに対してロルド記者は「ミカーが勝利すると悪い予想をして、自分が必要以上にカシメロを過小評価していると気づかされた。彼はかなりの数を当てる。それで十分かどうかは分からないけれど、彼は火を噴くだろうね」とカシメロ―井上戦が実現した際のシミュレーションを開始した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集