[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ベガス決戦で「神から授かった才能か」と米有名トレーナーが驚いた能力とは

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。米国の名トレーナーは「神から授かった才能なのか……」と、試合で見せた“ある能力”について絶賛している。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

「ブレッドマン」エドワーズ氏がSNSで井上を称賛

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。米国の名トレーナーは「神から授かった才能なのか……」と、試合で見せた“ある能力”について絶賛している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ラスベガスデビュー戦で評判通りの強さを示した井上。「ブレッドマン」の異名で知られる名トレーナー、スティーブン・エドワーズ氏はマロニー戦後、自身のツイッターでモンスター論を綴った。

「モンスター・イノウエはスピード、当て感、パンチを打つ力を持っている。ワオ! 彼の当て感は神から授かった才能なのか、訓練によるものかわからないけれど、現実離れしている。相手の攻撃の真っ只中に、彼は両手からパンチを放てる。もしも、イノウエが147ポンド(ウェルター級)なら我々の見方も変わるだろう」

 これまで一度もKO負けのなかったタフガイ、マロニーを沈めた井上。エドワーズ氏は完璧なカウンターを決めたセンスを絶賛するとともに、ウェルター級のような中量級戦線で活躍していたら、米国での評価はさらに違ったものになったのでは、と分析している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集