[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に完敗マロニーを双子の弟が労い「兄を誇りに思う」「PFP最高の男と戦った」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニーに7回2分59秒KO勝ちした。敗れたものの堂々と戦ったマロニーに、元WBA世界スーパーフライ級正規王者で双子の弟アンドリュー・マロニー(ともにオーストラリア)は「今まで以上に良い選手となって、世界チャンピオンになること間違いない!」などと労いの言葉を送っている。

井上尚弥に敗れたジェイソン・マロニー【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥に敗れたジェイソン・マロニー【写真:Mikey Williams/Top Rank】

双子の弟アンドリューがSNSで兄へメッセージ「偉大な選手になるため挑戦」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニーに7回2分59秒KO勝ちした。敗れたものの堂々と戦ったマロニーに、元WBA世界スーパーフライ級正規王者で双子の弟アンドリュー・マロニー(ともにオーストラリア)は「今まで以上に良い選手となって、世界チャンピオンになること間違いない!」などと労いの言葉を送っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 マロニーは井上を相手に、怯まず前に出て戦った。序盤からキレのある動きに翻弄されながらもガードを高く固め、時折鋭いパンチを当てる場面もあった。しかし、6回にカウンターの強烈な左フックをもらいダウン。7回にもカウンターの右ストレートを被弾し、膝から崩れ落ちると立ち上がることはできなかった。

 マロニーにとっては2度目の世界戦でキャリア2敗目。KO負けは初めてだった。世界王者という目標を手にすることはできなかったが、双子の兄の戦いには弟アンドリューも感銘を受けたようだ。

「兄を誇りに思う。昨晩、欲しかった結果は得られなかったけれど、偉大な選手になるために挑戦し、多くの人がパウンド・フォー・パウンド(PFP)で最高だと考える選手と戦ったんだ。ジェイソンが今まで以上に良い選手となって、世界チャンピオンになること間違いない!」

 自身のツイッターにこうつづり、兄とリング上で肩を組んだ写真を公開したアンドリュー。権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPなどで上位に名を刻む井上との対戦を糧に、世界王者になることを望んでいた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集