[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“パッキャオの宿敵”も「彼は特別」と認定「疑っていたが、正直に言おう」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。ラスベガス上陸戦で強さを見せつけた日本人に対し、米国の中継で解説を務めた元2階級制覇王者は「完全には信じ切れていなかったが、彼は特別だ」と今回で実力を認めたことを明かした。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

ESPNで解説を務めた元2階級制覇王者ブラッドリー氏「彼は他の選手と違う」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。ラスベガス上陸戦で強さを見せつけた日本人に対し、米国の中継で解説を務めた元2階級制覇王者は「完全には信じ切れていなかったが、彼は特別だ」と今回で実力を認めたことを明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 本場・米国を主戦場に戦ってきた元世界王者も井上を認めた。米興行大手・トップランク社の公式インスタグラムは米スポーツ専門局「ESPN」で解説を務めた元2階級制覇王者ティモシー・ブラッドリー氏が試合を回顧し、井上について語ったコメントを紹介している。

 ブラッドリー氏は「完全には信じ切れていなかったのだけれど、正直に言いましょう」と切り出すと、共演者に向かって「君が言っていたことは正しかった。彼は特別です」と断言した。さらに「長い間、君臨するでしょう。健康を維持できればですが。彼のスピード、正確さ、カウンターパンチを打つ力は並外れている。他の選手と違います」とこの日の試合を決着させたカウンターの威力を含め、手放しで称えた。

 ブラッドリー氏といえば、現役時代にスーパーライト級とウェルター級の2階級を制覇した。英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)のライバルとして知られ、3度の対戦で1勝2敗。パッキャオの1度目の引退試合となった16年の第3戦で判定負けし、現役引退していた。聖地ラスベガスのメインカードで行われたとあって、井上の実力が改めて評価される格好となった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集