[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“2階級同時制覇”のデービス 4階級王者失神の衝撃KOをマクレガー絶賛「年間最高KOだ」

ボクシングのWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチが10月31日(日本時間1日)に米サンアントニオで行われ、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を6回2分40秒KOで破り、2階級同時制覇を成し遂げた。左アッパー一撃で失神させた25歳へ、米総合格闘技「UFC」のスーパースター、コナー・マクレガー氏(アイルランド)も「年間最高KOだ」と絶賛している。

ガーボンタ・デービス【写真:AP】
ガーボンタ・デービス【写真:AP】

サンタ・クルスを失神させたKO劇にSNSで反応

 ボクシングのWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチが10月31日(日本時間1日)に米サンアントニオで行われ、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を6回2分40秒KOで破り、2階級同時制覇を成し遂げた。左アッパー一撃で失神させた25歳へ、米総合格闘技「UFC」のスーパースター、コナー・マクレガー氏(アイルランド)も「年間最高KOだ」と絶賛している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 衝撃のKO決着だ。6回、圧力をかけてサンタ・クルスをロープ際に追い詰めたデービス。相手の動きを冷静に見極めていた、次の瞬間だ。顎に目掛けて強烈な左アッパーを打ち抜くと、サンタ・クルスは意識が飛んだかのようにマットに伏した。

 4階級制覇の実力者を沈めたデービス。衝撃のKOシーンを米スポーツチャンネル「ショータイムボクシング」が動画付きで公開し、現地ファンから大きな反響を集めていたが、マクレガー氏も自身のインスタグラムで反応。「年間最高KOだ」と文面につづった。

 また、失神していたサンタ・クルスが無事だったことにも言及。「両者に敬意を示す。そして、サンタクルスがこの後自力で立ち上がり、リングを降りたのを見られて良かった」と記載している。

 試合はスーパーフェザー級の契約体重58.9キロ以下で行われ、両者とも前日計量をクリアした。デービスはこれでデビューから24連勝(23KO)。WBAライト級は初防衛に成功し、WBA世界スーパーフェザー級との2階級同時王者となった。フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子としても知られる25歳は、今後どの階級を主戦場とするのか注目される。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集