[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“隠れていた”左フックの別アングル映像に米戦慄「パッキャオ2.0だ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。試合を動かしたのは6回にダウンを奪ったカウンター。中継では角度と速度により、映像で“隠れていた”左フックを米興行大手・トップランク社が別アングルから撮影したものを公開し、米ファンに戦慄が走っている。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

6回にダウンを奪った左フック、トップランク社がリングサイド映像を公開

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。試合を動かしたのは6回にダウンを奪ったカウンター。中継では角度と速度により、映像で“隠れていた”左フックを米興行大手・トップランク社が別アングルから撮影したものを公開し、米ファンに戦慄が走っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 このカウンターにKO決着の予感がした。6回、マロニーが左のジャブを2発繰り出した瞬間だ。井上の顔面をとらえたように見えたが、倒れたのはマロニーの方だった。2発目に合わせ、井上が繰り出した左フックが顎にクリーンヒット。そのままマロニーはキャンバスに仰向けに倒れ、この日初めてダウンを喫したのだった。

 マロニーの背後からとらえていた試合の中継映像では井上の左フックの軌道がマロニーの体に重なり、凄まじいパンチスピードもあって、ほぼ目視できなかったシーン。しかし、トップランク社の公式ツイッターはコーナー付近のリングサイドから超至近距離でとらえた映像を公開しており、そこでは隠れていた井上の左フックがはっきりと映っている。臨場感たっぷりに迫力と技術が伝わってきた。

 投稿では「リングサイド:近寄って見た時のナオヤ・イノウエのこの左カウンターのスピード+パワーは……」とつづって紹介。目の当たりにした米ファンも驚きの声を続々と上げている。

 コメント欄には「信じられないパンチャーだ……」「進化してる!」「エグい!」「パッキャオ2.0」「イノウエはボスだ」「彼は真のモンスターだ! なんてボクサー!」「イノウエのようなKOを生産するバンタム級のボクサーはそんなにいない。特別なパワーだ」「これはスムーズだ」「ヤバいKOだ! ジェイソン・マロニーが大丈夫であることを祈る。将来の殿堂入り選手に負けたのだから、恥じることなどない」と声が相次いだ。

 無観客で行われ、日本のファンも映像でモンスターの躍動を目撃したラスベガス上陸戦。世界に誇る井上尚弥の凄さがまざまざと伝わる7ラウンドの戦いだった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集