[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ルール撤廃も田澤純一は呼ばれず 155km大学生右腕、高校侍ら…主な指名漏れ選手は?

プロ野球(NPB)ドラフト会議は26日、都内で行われ、支配下、育成を合わせ、計123人が指名を受けた。それぞれ4球団が競合した早大・早川隆久投手は楽天、近大・佐藤輝明内野手は阪神が交渉権を獲得するなど、プロ入り切符を掴んだ選手がいる一方、指名が期待されながら、最後まで名前が呼ばれなかった選手もいる。

プロ野球ドラフト会議で支配下、育成を合わせ、計123人が指名を受けた
プロ野球ドラフト会議で支配下、育成を合わせ、計123人が指名を受けた

プロ野球ドラフト会議で指名されなかったのは

 プロ野球(NPB)ドラフト会議は26日、都内で行われ、支配下、育成を合わせ、計123人が指名を受けた。それぞれ4球団が競合した早大・早川隆久投手は楽天、近大・佐藤輝明内野手は阪神が交渉権を獲得するなど、プロ入り切符を掴んだ選手がいる一方、指名が期待されながら、最後まで名前が呼ばれなかった選手もいる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 今ドラフトで注目を集めたBC・埼玉の田澤純一投手。“田澤ルール”の撤廃によってNPBへの扉は開かれたが、34歳のベテラン右腕を指名する球団はなかった。

 そのほか、高校生ではシャピロマシュー一郎投手(国学院栃木)、古谷将也捕手(成田)、関本勇輔捕手(履正社)、西野力矢内野手(大阪桐蔭)、度会隆輝内野手(横浜)、2年時に高校ジャパン入りした鵜沼魁斗外野手(東海大相模)らがプロの注目を集めながら指名されなかった。

 大学生では155キロ右腕・小郷賢人投手(東海大)、185センチの長身右腕・有村大真投手(立命大)、九州屈指の剛腕・益田武尚投手(北九州市立大)らの指名がなかった。

 社会人では150キロを超える直球を誇る森井絃斗投手(セガサミー)、飯田大翔投手(セガサミー)、森田駿哉投手(ホンダ鈴鹿)、峯本匠内野手(JFE東日本)、上川畑大悟内野手(NTT東日本)、向山基生外野手(NTT東日本)らが呼ばれなかった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集