[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾、再起2戦目はプロ初の引き分け バンタム級で堤聖也と接戦、ダウン奪えず

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦に臨み、日本同級13位・堤聖也(角海老宝石)に1-0(96-94、95ー95、95-95)で引き分けとなった。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起後2連勝はならず。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗1分け、堤は5勝(4KO)2分けとなった。

引き分けに終わった比嘉大吾【写真:浜田洋平】
引き分けに終わった比嘉大吾【写真:浜田洋平】

比嘉大吾が8か月ぶりリングで引き分け

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦に臨み、日本同級13位・堤聖也(角海老宝石)に1-0(96-94、95ー95、95-95)で引き分けとなった。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起後2連勝はならず。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗1分け、堤は5勝(4KO)2分けとなった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 比嘉はゴジラのテーマソングで入場。リング上で名前がコールされると、大きな拍手と無数の指笛が鳴り響いた。試合は序盤から拳が交差。比嘉は手数が多い相手に手を焼くが、冷静にブロックし、3回にはアッパーなどを当てて応戦した。相手の的確なパンチを浴びたが、大きなダメージを受けるほどではない。5回には右アッパーから左フックを浴びせ、さらに右ストレートもお見舞いした。

 ペースを握ったが、6回には左ボディーを被弾。それでも、8回に左右のフックや右オーバーハンドを当てて会場の拍手を浴びた。9回開始から猛攻に出た堤を前に、比嘉はペースダウン。最終10回、しつこく左ボディーを打ったものの、仕留めきれず。一度もダウンを奪うことなく判定でドローとなった。

 比嘉は2018年4月の世界戦で体重超過を犯して王座剥奪。日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受け、一度は引退を考えた末に再起を決意。昨年10月にJBCの処分が解除され、再起戦となった今年2月のスーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する119ポンド(53・98キロ)契約8回戦でフィリピン人選手に6回2分25秒TKO勝ちした。

 6月にはWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔と同じジムへ移籍。プロ入りから師事した野木丈司トレーナーと約2年ぶりに再タッグを組んだ。アマ時代は2戦2敗と勝てなかった同学年の堤にプロのリングでドロー。今後の主戦場とするバンタム級の世界ランクはWBC8位、WBA9位につけ、25歳は近い将来の世界王座返り咲きを目指しているが、今回は完全燃焼とはならなかった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集