[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆転負けセリーナ、左足負傷も言い訳なし アザレンカを称賛「どんどんいいプレーを…」

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク8位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は、同27位ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に6-1、3-6、3-6で敗戦。3年連続の決勝進出はならなかった。試合後は「彼女(アザレンカ)は一歩も引かず、どんどんいいプレーをするようになった」と素直に勝者を称えている。

セリーナ・ウィリアムズは準決勝で敗退【写真:AP】
セリーナ・ウィリアムズは準決勝で敗退【写真:AP】

途中治療を受けるシーンも、試合には影響しなかったとコメント

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク8位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は、同27位ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に6-1、3-6、3-6で敗戦。3年連続の決勝進出はならなかった。試合後は「彼女(アザレンカ)は一歩も引かず、どんどんいいプレーをするようになった」と素直に勝者を称えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 試合中は会場中に響き渡る雄叫びを何度も上げていたセリーナ。第1セットは6-1で圧倒するも、第2セットは落とし、第3セット途中には左足首をひねったようで、治療を受けるシーンもあり、アザレンカに逆転負けを喫した。

 3年連続の決勝進出はならず、2018年決勝で激突した大坂なおみとの再戦も実現しなかった。それでも試合後は気丈に勝者を称えている。

 WTA公式メディア「WTAインサイダー」のツイートによると、左足はアキレス腱を伸ばしたものだったが、試合には影響はないと語っているようで、また全仏オープン(9月27日開幕)への出場には意欲を示しているという。さらに試合については「良いスタートを切った。彼女は一歩も引かず、どんどんいいプレーをするようになった。少し息抜きしてしまった時点があったかもしれない」と話しているようだ。

 赤土の舞台で歴代最多タイとなる4大大会、シングルス通算24勝目を狙う。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集