[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、190kmの“超速エース”を大会公式が「サーブ・オブ・ザ・デー」に認定

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。第2セットの第2ゲームで披露した118マイル(約190キロ)の超速サーブを、大会公式は「サーブ・オブ・ザ・デー」に認定。公式SNSで動画付きで公開している。

強烈なサーブを披露した大坂なおみ【写真:AP】
強烈なサーブを披露した大坂なおみ【写真:AP】

第2セットでの強烈サーブに大会公式脚光

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。第2セットの第2ゲームで披露した118マイル(約190キロ)の超速サーブを、大会公式は「サーブ・オブ・ザ・デー」に認定。公式SNSで動画付きで公開している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 圧巻のサービスエースだった。第2セットの第2ゲーム。大坂が繰り出したのは118マイルのサーブ。ほぼストレートにコートに突き刺さるショットに、ブレイディはわずかに反応したが、すぐに諦めた。それだけ強烈なサーブだった。

 全米オープンの公式ツイッターは「2018年の全米オープン女王がサーブ・オブ・ザ・デーを獲得。そして女子シングル決勝に進出を決めた」と添えて動画付きで投稿。米ファンからは「最高の時間だ」「カンパイ」「素晴らしい」と称賛が送られている。

 このセットは落としたが、第3セットをものにして熱戦に終止符を打った大坂。今大会サーブが絶好調で、この試合は9本のエースを記録。ファーストサーブ得点率は84%をマークしている。世界ランク27位ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)との決勝でもサーブは大きな武器になりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集