[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「KO決着なら序盤か中盤」 マロニーの総合力警戒「カシメロより穴がない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が9日、オンラインで会見し、10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦することを正式発表した。19勝(16KO)の井上は、21勝(18KO)1敗のマロニーについて「カシメロより穴がない」と印象を明かした。

井上尚弥【写真:小倉元司】
井上尚弥【写真:小倉元司】

マロニー戦「10・31」正式発表、マロニーの印象とは

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が9日、オンラインで会見し、10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦することを正式発表した。19勝(16KO)の井上は、21勝(18KO)1敗のマロニーについて「カシメロより穴がない」と印象を明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上はマロニーについて冷静に分析している。「タフであり、スタミナもあり、技術も高い選手。それも含めて自分の仕上がり次第。今は対策しながら練習している」と強調。「総合力的にはカシメロより高い選手。残りの期間にしっかり対策しないと危ない相手だと思う」と気を引き締めた。KO率は高いが、大橋秀行会長も「隙のないボクシングでカシメロよりやりづらい選手」と技術面を注意点に挙げた。

 29歳のマロニーは2018年10月、WBSS初戦で前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けしたのがプロ唯一の黒星。井上はこの試合をラスベガスで現地観戦した。直近の6月に同級10回戦で7回終了TKO勝ちしたマロニーの試合は「ちゃんと見ていない。この時期はいつも見ない」と説明。いつも通り試合が近づいてからチェックしていくつもりだという。

 前戦の元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦は判定までもつれ込んだが、それまでは早期KO決着。今回のマロニー戦の展望を問われると「KO決着なら序盤か中盤かなと。相手はスタミナも、タフさも備えているので、後半にもつれ込んだら互いの精神的な戦いになると思う」と警戒した。

 当初は4月にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期に。ターゲットが変わったが「より気を引き締めないといけない。カシメロより穴のない選手。どう突破口を見出していかないといけないか、カシメロより考えないといけない選手」と総合力の高さに注意を払っているようだ。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集