[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみが感動 人種差別被害者家族から感謝のメッセージ「これからも戦い続けて」

テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。入場時には今大会5枚目となる人種差別への抗議マスクを着用していたが、試合後には黒人差別被害者家族からのビデオメッセージが届けられ、大坂を感動させている。米メディアが報じている。

4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】
4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】

人種差別への抗議を訴え続ける大坂に、被害者家族からビデオメッセージ

 テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。入場時には今大会5枚目となる人種差別への抗議マスクを着用していたが、試合後には黒人差別被害者家族からのビデオメッセージが届けられ、大坂を感動させている。米メディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 準々決勝では今大会5枚目となるマスクを着用。そこには今年5月に白人警官の不当な暴力によって亡くなったジョージ・フロイドさんの名前が入っていた。全米オープン直前のウエスタン&サザン・オープン準決勝のボイコットや、大会中のこうした行動で強く、人種差別への抗議を訴え続けている大坂のもとに、被害者の家族からの言葉が届けられた。

 米紙「USAトゥデー」が報じたところによると、4回戦で着用したマスクに記したトレイボン・マーティンさんの母と、3回戦で同様に記したアマド・オーブリーさんの父からのビデオメッセージが届き、大坂も感動したのだという。

 大坂のこれまでの活動を紹介し、記事では「そしてアメリカ国内での意識が高まる中、人種差別の被害を受ける親たちがオオサカに対し感謝の意を示している。このほど、試合後のインタビューで彼らかオオサカにビデオメッセージが送られた様子を米スポーツ専門局『ESPN』が放送した」と報じている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集