[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦は「世界で最も困難な任務」 マロニー母国メディアは早くも悲観的

ボクシングの米興行大手・トップランク社は8日(日本時間9日)、プロモート契約を結ぶWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、10月31日(同11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦することを発表した。決定直後、豪メディアは「世界のボクシングで最も困難な任務」と自国ファイターの次戦を悲観的に報じている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

マロニーの母国、豪メディアも正式決定を速報

 ボクシングの米興行大手・トップランク社は8日(日本時間9日)、プロモート契約を結ぶWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、10月31日(同11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦することを発表した。決定直後、豪メディアは「世界のボクシングで最も困難な任務」と自国ファイターの次戦を悲観的に報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 オーストラリアのボクシング専門メディア「Aus-Boxing.com」は公式ツイッターで「正式決定。世界のボクシングで最も困難な任務だ。ジェイソン・マロニーが11月1日、バンタム級の2つの王座をかけて、ナオヤ・イノウエに挑戦する」と報じた。

 井上の戦績は19勝(16KO)に対し、マロニーは21勝(18KO)1敗。マロニーの黒星は井上が昨年優勝したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦のWBSS初戦で前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けしたのが唯一の黒星だ。一方の井上はWBSS準決勝でそのロドリゲスを圧倒。2回TKOで圧勝していた。

 同メディアが独自選定しているオーストラリア人ファイターのPFPで2位に選出されるほど高評価のマロニーだが、流石にモンスター相手は分が悪いと見られているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集