[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「被弾することもある」 次戦候補マロニーが分析「ドネアが証明した」

ボクシングのWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(豪州)が、海外メディアで対戦が報じられているWBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)について言及。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝、井上と元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の激闘を見て「イノウエも被弾するし、ダメージを受ける」と話しているという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥の対戦相手候補、WBO1位マロニー「イノウエは人間だ」

 ボクシングのWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(豪州)が、海外メディアで対戦が報じられているWBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)について言及。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝、井上と元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の激闘を見て「イノウエも被弾するし、ダメージを受ける」と話しているという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上は、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で対戦実現にはいたらず。2020年初戦の相手として浮上しているのがマロニーだ。

 21勝(18KO)1敗の29歳は打倒モンスターに向け、WBSS頂上決戦を研究しているという。「イノウエ対ドネア戦は素晴らしいファイトだった。どちらのファイターも見事なパフォーマンスを見せた。あの試合で多くの人がドネアの戦いぶりに驚いたが、個人的には違ったんだ。ドネアはオレの確信を証明してくれた」と語ったようだ。

「ドラマ・イン・サイタマ」の異名で知られる激闘で、ドネアは戦前の井上有利という下馬評を覆すような奮闘を見せた。閃光の左フックを着弾させた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集