[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪逸材にもコロナ余波 女子短距離19歳・御家瀬緑の苦労「運動と食事量が…」

陸上の富士北麓ワールドトライアルが6日、山梨・富士北麓公園陸上競技場で行われ、昨年日本選手権女王・御家瀬緑(住友電工)は女子100メートルで12秒16(向かい風1.3メートル)、同200メートルで25秒24(向かい風1.6メートル)だった。春から上京して社会人生活を始めた19歳。初めての一人暮らしの中、新型コロナウイルスで受けた影響を明かした。

御家瀬緑【写真:荒川祐史】
御家瀬緑【写真:荒川祐史】

19歳逸材・御家瀬緑が経験したコロナ禍とは

 陸上の富士北麓ワールドトライアルが6日、山梨・富士北麓公園陸上競技場で行われ、昨年日本選手権女王・御家瀬緑(住友電工)は女子100メートルで12秒16(向かい風1.3メートル)、同200メートルで25秒24(向かい風1.6メートル)だった。春から上京して社会人生活を始めた19歳。初めての一人暮らしの中、新型コロナウイルスで受けた影響を明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 まだ本調子ではなかった。御家瀬は100メートルで自己ベスト11秒46に大きく届かず。レース後は骨挫傷で痛めている右足を引きずるような仕草をしながらも取材対応。「スタートは前に出られたけど、中盤から伸びない走りになりました。先週から足があまり動いてなかったですね。そんなに調整できずに臨んでいるレース。練習の一環として走れたらいいなと思って臨んでました」と振り返った。

 昨年6月の日本選手権では、100メートルで29年ぶりの高校生女王に。北海道・恵庭北高卒業後、住友電工陸上競技部に入って上京した。3月からは、東京五輪を見据えた前途洋々たる新生活。しかし、19歳の逸材もコロナで多難な道を歩むことになった。

 ナショナルトレーニングセンターを拠点する予定だったが、感染拡大防止のために施設は閉鎖。「一人で家で練習となると、限られることもありました」とメニューは制限された。骨挫傷の影響で思うように体を動かせない。体重管理に苦労した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集