[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

樋口新葉、GP初Vならずも渾身の演技で2位 三原は4位、本田は5位でフィニッシュ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は4日、女子フリーが行われ、樋口新葉(日本橋女学館高)は合計点212.52で2位、三原舞依(シスメックス)は206.07点で4位、本田真凜(関大高)は198.32点で5位に入った。SP4位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が213.88点で優勝を果たした。

GPシリーズ第3戦・中国杯フリー、樋口が212.52点の高得点で表彰台

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は4日、女子フリーが行われ、樋口新葉(日本橋女学館高)は合計点212.52で2位、三原舞依(シスメックス)は206.07点で4位、本田真凜(関大高)は198.32点で5位に入った。SP4位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が213.88点で優勝を果たした。

 第1組の3番目で登場した三原は、冒頭の連続ジャンプで見事に着氷。その後はジャンプも含め、ほぼノーミスの演技で滑り終えると、充実の笑顔を浮かべた。139.17点は今年4月の世界国別対抗戦でマークした146.17点には及ばなかったものの、世界選手権の138.29点を上回る高得点で、200点超えを果たした。

 第2組の1番目で登場した本田は、冒頭のジャンプに成功した。しかし、その後ジャンプが抜けるシーンもあり、パーフェクトな演技とはいかず。合計得点も200点に届かず198.32点だった。

 そして、日本人選手最後の登場となった樋口は、映画「007 スカイフォール」の主題歌に合わせて渾身のパフォーマンスを披露した。冒頭のダブルアクセルをはじめジャンプをノーミスでクリアし、演技が終わった瞬間には力強いガッツポーズ。自身初のGPシリーズ優勝とはならなかったが、フリーで141.99点、合計212.52点という高得点で第1戦のロシア杯(3位)に続く表彰台を決めた。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集