[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、フリーはジャンプミスもあり得点伸びず 198.32点で暫定2位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は4日、女子フリーで本田真凜(関大高)は198.32点をマーク。6人が演技を終えた段階で、三原舞依(シスメックス)の206.07点に続く暫定2位につけた。

GPシリーズ第3戦・中国杯フリー、5人を残して暫定2位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は4日、女子フリーで本田真凜(関大高)は198.32点をマーク。6人が演技を終えた段階で、三原舞依(シスメックス)の206.07点に続く暫定2位につけた。

前日のショートプログラム(SP)で6位に入った本田は、深紅の衣装に身を包み、第2組の1番目で登場。オペラ「トゥーランドット」に合わせ、冒頭のジャンプに成功。しかし、その後ジャンプが抜けるシーンもあり、パーフェクトな演技とはいかず。滑り終えるとわずかに微笑みつつも、複雑な胸中をのぞかせた。

 本田はシニアデビュー戦となったUSインターナショナルで優勝。世界に驚きを与えたが、GPデビューとなったカナダ大会はSPで転倒するなどミスが出て、5位に終わっていた。巻き返しを期して挑んだGPシリーズ2戦目だった。

 この後、第2組の4番目でSP2位の樋口新葉(日本橋女学館高)が登場する。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集