[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 国際陸連、18年の世界ランク制度導入を発表 日本人選手の“世界NO1”誕生の可能性も

国際陸連、18年の世界ランク制度導入を発表 日本人選手の“世界NO1”誕生の可能性も

国際陸上競技連盟(IAAF)は3日、世界ランキング制度の導入を発表した。2018年から運用され、2019年の世界選手権(カタール)や東京オリンピックの出場権を含めた世界的な大会システムを推進する資格メカニズムとして使用していくという。

陸上競技のデータベースサイトを運営するエリート社とランキングシステムを構築

 国際陸上競技連盟(IAAF)は3日、世界ランキング制度の導入を発表した。2018年から運用され、2019年の世界選手権(カタール)や東京オリンピックの出場権を含めた世界的な大会システムを推進する資格メカニズムとして使用していくという。

 IAAFは3日、「IAAF公式世界ランキングは根本的変化の第一歩」と題されたプレスリリースを発信。「各競技の毎年の大会システムを推進する資格メカニズムとして、初の公式IAAF世界ランキングを作るため、エリート社と独占的パートナーシップを結んだことをお知らせします」と陸上競技のデータベースサイト「All-Athletics.com」を運営しているエリート社とのタッグを組み、ランキングシステムを展開していくことを伝えた。

 公式リリース内では、モスクワとロサンゼルス五輪の1500メートル金メダリストでIAAF会長を務めるセバスチャン・コー氏のコメントも紹介。「IAAF世界ランキングは2018年から運用され、世界選手権やオリンピックへの出場権を含め世界的な大会システムを推進し、方向づけるものになるでしょう」と2018年から新体制を敷くとともに、システムの概要についても触れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー