[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田圭佑、111文字の“育成論” 「『ミスするな』と言えば高確率でミスをする」

サッカー・メキシコリーグ1部・パチューカのFW本田圭佑がツイッターを更新。ミスがつきものであるスポーツ界において、いかにしてそれを減らすのか。自分なりのアプローチ法を提示し、“育成”について持論を展開している。

ツイッターで持論 「どうやったら上手くできるかを意識させることができれば…」

 サッカー・メキシコリーグ1部・パチューカのFW本田圭佑がツイッターを更新。ミスがつきものであるスポーツ界において、いかにしてそれを減らすのか。自分なりのアプローチ法を提示し、“育成”について持論を展開している。

 本田は4日に自身のツイッターを更新。「『ミスをするな』と言えば高確率でミスをするように人の脳はできてる。」と、投稿の書き出しでミスについてつづり、「ミスを意識させるのではなくて、どうやったら上手くできるかを意識させることができれば、自ずとミスは減る。」と続けた。

 サッカーはミスするスポーツとも言われる。例えば、シュートにおいてはその半分以上が外れて「失敗=ミス」に当たるのが実情だ。しかし、「ミスをするな」と言ってミスの自覚を持たせるのではなく、“逆転の発想”でいかにして上手くなるかを考えれば、上達して自然とミスは減るというのが本田の意図だろう。

 さらに、本田は現状にサッカー界について思うところがあるようで、「それを理解してる指導者が世界にはどれだけ少ないことか。」と記して投稿を締めくくっている。

 本田はパチューカ移籍後初の公式戦2試合連続ゴールを挙げた一方で、11月に欧州遠征でブラジル代表、ベルギー代表と戦うハリルジャパンからは選外。ロシア・ワールドカップに向けて苦しい立場にいるが、そんな時にこそ発した“本田らしい”メッセージは多くの人々の参考になるはずだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集