[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、注目度の高さに再び脚光 米カメラマンが証言「ウッズの最盛期でもしなかった」

松山、注目度の高さに再び脚光 米カメラマンが証言「ウッズの最盛期でもしなかった」

男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹(レクサス)は、5日に来日予定のドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相とのゴルフラウンドに同伴予定で、大役を務めることになった日本のエースに改めて米メディアがスポットを当てている。中でも、米放送局「CNN」は大きく取り上げ、2名の報道関係者から見た松山の姿を伝えている。

報道陣を含めた松山の周囲の“雰囲気”に好意的「ヒデキの周囲は心地いい」

 男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹(レクサス)は、5日に来日予定のドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相とのゴルフラウンドに同伴予定で、大役を務めることになった日本のエースに改めて米メディアがスポットを当てている。中でも、米放送局「CNN」は大きく取り上げ、2名の報道関係者から見た松山の姿を伝えている。

 記事では松山の人物像やこれまでの経歴などに触れるとともに、ツアー中の松山の周囲にも注目。「マツヤマはツアーで常に日本の報道陣と20人以上のカメラマンを引き連れている」と紹介しつつ、日頃から松山を見ている人物の1人として、大手フォトエージェンシーでゴルフ写真を展開しているベテランカメラマンのデビッド・キャノン氏の“松山評”を紹介している。

 キャノン氏はまず、日本の報道陣やカメラマンがトーナメント中は松山の毎打を追いかけることについて、「タイガー・ウッズの最盛期でもしなかった」と元世界NO1を引き合いに出して、その注目度の高さに驚きを示した。そして、日本のエースを取り巻く環境について、「彼ら(日本の報道陣)はものすごく礼儀正しくて、全く好戦的にならないんだ。僕らが皆でタイガーを追いかけた時は熱狂がすごかったのに」とウッズらとは一線を画す“雰囲気”について好意的に捉え、「ヒデキの周囲は心地良いんだ」と話している。

 そして、最後にレンズ越しに見てきた松山に関してもコメント。「ヒデキは無表情だ。感情が表に出ないから、それは彼の扱われ方にも表れる。(ウッズの時と)同じような熱狂は生まないけど、ただそこにも独特の熱狂は存在する。彼を写真にすることはエキサイティングだけど、それはゴルファーとしての場合で、人となりを写真にすることは違うんだ」と、クールな中にも“独特の熱狂”が存在すると独自の見解を示している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー