[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 長期離脱中のジョコビッチ、“手本”はナダルとフェデラー!? 完全復活にアガシが太鼓判

長期離脱中のジョコビッチ、“手本”はナダルとフェデラー!? 完全復活にアガシが太鼓判

男子テニスは今季、アンディ・マレー(英国)やノバク・ジョコビッチ(セルビア)、スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日清食品)らトップランカーに長期離脱が相次いだ。

右肘の治療で3か月以上欠場、世界ランクで7位まで転落もコーチは不安視せず

 男子テニスは今季、アンディ・マレー(英国)やノバク・ジョコビッチ(セルビア)、スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日清食品)らトップランカーに長期離脱が相次いだ。11月12日からATPツアーのクライマックス、ATPファイナルズが開幕するが、すでにラファエル・ナダル(スペイン)の「年間1位」が決定。そんな中、右肘の故障から復活を期すジョコビッチについて、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」はコーチであるアンドレ・アガシ氏のインタビューを通じ、「ナダルとフェデラーを手本にしていい」と報じている。

 ジョコビッチは右肘に慢性的な痛みを抱え、今年7月のウィンブルドンで準決勝のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦を途中棄権。その後、治療に専念するため、今季残りの試合を欠場することを発表した。

 3か月以上大会出場がなく、最新の世界ランキングでは7位まで転落した。しかし、グランドスラム優勝8回を誇る名手で現在はコーチを務めるアガシがスカイ・スポーツのインタビューに応じ、ナダルとロジャー・フェデラー(スイス)を引き合いに出して復活に太鼓判を押した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー