[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1000万再生の衝撃! トラウトのドライバーショットに再脚光「まだ宇宙を飛んでいる」

米大リーグ、エンゼルスのマイク・トラウト外野手がドライバーで放った、とんでもない打球が再び脚光を浴びている。驚異の身体能力を誇るスーパースターは、異種目でも凄まじいスイングと豪打を披露。“特大ホームラン”となった映像を米ESPNが動画付きで投稿すると、「狂気だ」「力強い!」などと再度絶賛を呼んでいる。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

クラブを持ってもスゴイ、衝撃の動画が再脚光

 米大リーグ、エンゼルスのマイク・トラウト外野手がドライバーで放った、とんでもない打球が再び脚光を浴びている。驚異の身体能力を誇るスーパースターは、異種目でも凄まじいスイングと豪打を披露。“特大ホームラン”となった映像を米ESPNが動画付きで投稿すると、「狂気だ」「力強い!」などと再度絶賛を呼んでいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 バットをクラブに持ち替えても、凄まじい打球は変わらなかった。練習場を訪れたトラウトは、シャツがパンパンになるほどのたくましい腕でドライバーを構えると、一閃フルスイング。振りの速さにも驚くが、打球は物凄い速度ではるか彼方へ。夜の闇へ一瞬で消えた一撃は、野球なら間違いなく“場外ホームラン”のとんでもない飛距離だった。

 見守った仲間たちは、驚きのあまり大笑い。トラウト自身も笑顔を浮かべて喜んでいた。3月にエンゼルスが公式ツイッターに「マイク・トラウトの強烈な打球は野球だけにあらず」と記して投稿すると瞬く間に大反響を呼び、現在までに1000万回を超えて再生されている。

 今回は5月31日(日本時間6月1日)に米国の民間企業が開発した宇宙船「クルードラゴン」が国際宇宙ステーションへのドッキングに成功したというニュースを受けて、米スポーツ専門局「ESPN」が再脚光。「マイク・トラウトの放ったボールを昨日宇宙に行った2人の宇宙飛行士が見つけるまで、どのくらいの時間がかかるだろうか」とジョーク交じりにつづると、再びファンの驚きを誘っている。

「誰かの車に直撃したら可哀そうに」
「超面白い」
「狂気だ!」
「力強い!」
「地球の裏側にいる人に強く直撃するだろう」
「このボールはまだ宇宙を飛んでいるだろうね」
「この映像を昔見たけど、いまだにこれには驚いているよ」
「ボールはもう火星にあるだろう」

 再開へ向けて動き出しているMLB。宇宙へ届くような、トラウトの豪快なバッティングを多くのファンが待っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集