[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥―ドネア戦 審判の「最大のミス」をリング誌記者が指摘「あのブロックだ」

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で興行延期となっているボクシング界。海外テレビ局では過去の名勝負を紹介し、昨年11月のWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝、ノニト・ドネア(フィリピン)戦が再放送されているが、米専門誌「ザ・リング」の名物コラムニストは井上の左ボディショットによる11回の“幻のKO劇”に再び着目。「レフェリー最大のミスはあのブロック」と当該シーンを振り返っている。

ノニト・ドネアと井上尚弥(右)【写真:Getty Images】
ノニト・ドネアと井上尚弥(右)【写真:Getty Images】

米名物コラムニストがドネア戦のダウンシーンについて言及

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で興行延期となっているボクシング界。海外テレビ局では過去の名勝負を紹介し、昨年11月のWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝、ノニト・ドネア(フィリピン)戦が再放送されているが、米専門誌「ザ・リング」の名物コラムニストは井上の左ボディショットによる11回の“幻のKO劇”に再び着目。「レフェリー最大のミスはあのブロック」と当該シーンを振り返っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「ドラマ・イン・サイタマ」という異名が与えられた名勝負を早朝に視聴したことをツイッターで報告したのは、リング誌のトム・グレイ記者だった。「私がこの場にいたことをみんなに伝えたかな?」と現地で取材したグレイ氏は絵文字付きでお茶目にアピール。そこからボクシングファンとの交流がスタートした。

 11ラウンド、この試合唯一のダウンシーンも話題に挙がった。男性ファンがレフェリーの判断について尋ねると、グレイ記者は「正直に言って、レフェリー最大のミスはドネアがダウンする前にイノウエをブロックしたことだ。カウントも寛容だった」と指摘した。

 井上は左のボディショットをドネアに着弾させた。苦悶の表情のドネアはリングで小走りになり、井上は追撃の絶好機を迎えたが、レフェリーはなぜか体を入れた。しばらくしてから、ゆっくりとカウントを始めたが、井上のラッシュに水を差す格好となったブロックこそがミスだとグレイ氏は指摘した。

「生で見た最高のファイトの一つですか?」という質問に、「これがベスト。この夜もそう言ったし、それは絶対に変わっていない」と生涯のベストバウトと断言したグレイ氏。リング誌など海外メディアで2019年年間最高試合に選出された名勝負だが、レフェリーの判断は海外でもいまだに議論されているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集