[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】 えっ! 観客がHR球を“危険返球”で打者直撃…米波紋「恥ずべき行為」「凄い肩」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は2018年9月、米大リーグで起こったファンの危険な“返球”だ。本塁打を打った選手に対し、相手ファンとみられる観客が客席からボールを投げ返すと、走塁中の選手に投球が当たってしまった。一部始終を米メディアがこぞって動画付きで公開すると、「恥ずべき行為」「愚かだ」「凄い肩」など様々な意見を呼んでいた。

フェンウェイパークで本塁打を放ったスタントンだったが…【写真:Getty Images】
フェンウェイパークで本塁打を放ったスタントンだったが…【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―MLBファンの危険な“返球”が波紋

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は2018年9月、米大リーグで起こったファンの危険な“返球”だ。本塁打を打った選手に対し、相手ファンとみられる観客が客席からボールを投げ返すと、走塁中の選手に投球が当たってしまった。一部始終を米メディアがこぞって動画付きで公開すると、「恥ずべき行為」「愚かだ」「凄い肩」など様々な意見を呼んでいた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まさかのシーンが発生したのは2018年9月29日(日本時間30日)のヤンキース―レッドソックスの試合。レッドソックスの本拠地フェンウェイパークで行われた伝統の一戦、7回だった。

 7-2とリードしたヤンキースは主砲スタントンが5番手の右腕ライトから左翼へ特大の打球を放つと、名物グリーンモンスターを越え、白球は左翼席に飛び込んだ。試合を決定づける38号ソロ。静まり返るスタジアムだったが、ボールが飛び込んだ左翼席で不穏な動きが起きた。

 ホームランボールを拾い上げた黒いTシャツの男性。すると、何を思ったのか思い切り腕を振り、グラウンドに投げ返したのだ。グリーンモンスターから投げ下ろされたボールは二塁付近でバウンド。そして、二塁ベースを蹴ったスタントンの体に直撃してしまった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集