[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】あと15cm! 世界1位名手、433yパー4で“エース未遂”に米衝撃「歴代最高ショット」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバックする。今回は男子ゴルフ屈指の飛ばし屋、ダスティン・ジョンソン(米国)だ。2018年1月の米ツアーで、パー4の第1打でピンそば15センチにつける衝撃ショットが炸裂。あとひと転がりすれば……という“ホールインワン未遂”のスーパーショットの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開すると、「今まで見てきたな中で最も凄まじいドライブ」「歴代で最高のショットの1つに間違いない」などと海外ファンを仰天させた。

ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】
ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―米屈指の飛ばし屋ダスティン・ジョンソンのスーパーショット

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバックする。今回は男子ゴルフ屈指の飛ばし屋、ダスティン・ジョンソン(米国)だ。2018年1月の米ツアーで、パー4の第1打でピンそば15センチにつける衝撃ショットが炸裂。あとひと転がりすれば……という“ホールインワン未遂”のスーパーショットの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開すると、「今まで見てきたな中で最も凄まじいドライブ」「歴代で最高のショットの1つに間違いない」などと海外ファンを仰天させた。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 舞台はセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ最終日だった。433ヤードの12番パー4。当時世界ランク1位のジョンソンは豪快にドライバーを振り抜いた。スイングの風を切る音がカメラまで聞こえ、ボールを破壊するかのような音を残し、あっというまにボールは小さくなっていった。しかし、この後、信じられない展開が訪れる。

 フェアウェイ左にかっ飛ばしたボールは勢いが止まることなく、下りの斜面でどんどん弾んでいく。そして、そのままグリーンに届いたのだ。ただ、ボールは止まる気配がなく、さらに転がっていく。5メートル、10メートル。すると、その先にピンが見えた。完全にラインに乗って一直線。まさか――。

 にわかにギャラリーが沸き立った。しかし、ボールはカップ直前で失速し、止まった。その距離、約15センチ。もうひと転がりすれば、ホールインワンという位置だった。奇跡の“パー4エース”は逃したが、信じられない一打にコース全体が一気に熱狂に包まれた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集