[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】井上尚弥、英国沸騰の衝撃ダウン3連発を呼び起こせ WBSS、ロドリゲスと壮絶な技術戦

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はボクシングの井上尚弥(大橋)。2019年5月のWBA・IBF世界バンタム級王座統一戦で見せた259秒TKO勝ちを振り返る。スポーツチャンネル「DAZN USA」公式インスタグラムは9日、改めて試合の動画を公開した。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―井上尚弥、19年5月のWBSS準決勝

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はボクシングの井上尚弥(大橋)。2019年5月のWBA・IBF世界バンタム級王座統一戦で見せた259秒TKO勝ちを振り返る。スポーツチャンネル「DAZN USA」公式インスタグラムは9日、改めて試合の動画を公開した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 初めて上陸した欧州で英国ファンの心を震わせた試合だ。当時WBA世界バンタム級王者の井上は、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と激突。英スコットランド・グラスゴーでまたも気分爽快なKO劇を見せつけた。

 初回から壮絶な技術戦が展開された。ロドリゲスの圧力に押される井上。下がらされる試合は珍しく、いきなりカウンターのタイミングも合わされた。しかし、ここで抜群の対応力を見せられるのがモンスターたる所以だ。2回は重心を低くし、IBF王者の圧力に対応。パンチの応酬となり、互いに寸前でかわし続けた。

 だが、井上がダッキングでかわしたところで左ショートが炸裂。ダウンを先取し、観衆を沸騰させた。もう止まらない。再開後に左右のボディーで2度目のダウン。陣営のコーナーを見るロドリゲスは、苦しそうな表情で首を振った。なんとか立ち上がったが、井上が猛然とたたみかけて3度目のダウン。勝敗は259秒で決した。一部始終をDAZN USAがインスタグラムで公開している。

 19連勝中だったロドリゲスを撃破。世界戦8試合連続KO勝利となり、自身の7戦連続KOの日本記録を更新した。WBA王座は2度目の防衛に成功。新たにIBF王座を奪取し、2団体王者となった。実はこの5月18日は、伝説の王者ファイティング原田が“黄金のバンタム”ことエデル・ジョフレに勝利し、日本人初のバンタム級世界王座を獲得した日だった。あれから54年。モンスターが欧州の地で新たな伝説を打ち立てた。

 18年10月のWBSS初戦では、元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に衝撃の70秒KO勝ち。5階級制覇王者のWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が待つ決勝に進出した。「フィリピンの閃光」と演じた歴史的死闘に繋がっていく。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集