[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ファンにならざるを得ない」 井上尚弥、“259秒の衝撃”に米ファンが再び大興奮

スポーツチャンネル「DAZN USA」では、昨年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝の井上尚弥(大橋)―エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦に再脚光。井上が259秒TKO勝ちを収めた、実際のシーンを動画付きで公開。ボクシングロスに嘆くファンを再び歓喜させている。

2019年5月18日WBSS準決勝、井上尚弥はエマヌエル・ロドリゲスにTKO勝ちを収めた【写真:Getty Images】
2019年5月18日WBSS準決勝、井上尚弥はエマヌエル・ロドリゲスにTKO勝ちを収めた【写真:Getty Images】

米DAZNがWBSS準決勝を動画付きで公開

 スポーツチャンネル「DAZN USA」では、昨年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝の井上尚弥(大橋)―エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦に再脚光。井上が259秒TKO勝ちを収めた、実際のシーンを動画付きで公開。ボクシングロスに嘆くファンを再び歓喜させている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 何度見ても興奮が蘇る。初めて上陸した欧州で英国ファンの心を震わせた試合だ。第1ラウンドはハイレベルな攻防が展開されたが、決着は意外に早いタイミングで訪れた。

 第2ラウンド途中、井上がダッキングでかわしたところで左ショートが炸裂。ダウンを先取し、観衆を沸騰させた。もう止まらない。再開後に左右のボディーで2度目のダウン。陣営のコーナーを見るロドリゲスは、苦しそうな表情で首を振った。なんとか立ち上がったが、井上が猛然とたたみかけて3度目のダウン。勝敗は259秒で決した。

 爽快なまでの井上の倒しぶりを、「DAZN USA」公式インスタグラムが動画付きで公開。当時も各地から称賛の声が上がったが、再び目の当たりにした米ファンを再び興奮させている。

「イノウエのファンにならざるを得ない」
「彼の試合が延期になったのは未だに悲しい」
「モンスターは本物だ」
「パウンド・フォー・パウンドで5本の指に入る選手だが、いずれトップになる」
「彼はヘビー級の力強さを持っている」
「俺も大好きだ」
「感動的だった」

 ラスベガスデビューは先送りとなった井上だが、現地のボクシングマニアたちはモンスターの到来を待ち焦がれている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集