[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキンの衝撃KOに米再注目 戦慄の左フック炸裂にファン「ビッグ・ドラマだ」

ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が魅せた、昨年6月の衝撃KOが再脚光を浴びている。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位だったスティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。約9か月ぶりのリングで見せた“戦慄の左”の瞬間を、スポーツチャンネル「DAZN USA」公式ツイッターが動画付きで投稿すると「ビッグ・ドラマだ」「カネロ戦が待ちきれない」などとファンから反響が寄せられた。

ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

昨年6月にロールスを沈めたKOシーンを「DAZN USA」が公開

 ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が魅せた、昨年6月の衝撃KOが再脚光を浴びている。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位だったスティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。約9か月ぶりのリングで見せた“戦慄の左”の瞬間を、スポーツチャンネル「DAZN USA」公式ツイッターが動画付きで投稿すると「ビッグ・ドラマだ」「カネロ戦が待ちきれない」などとファンから反響が寄せられた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 世界中のファンの鳥肌が立った瞬間だ。戦慄のKOシーンは4回。GGGは頭上の独特な角度から左を叩き込んで相手をふらつかせると、続けて連打で圧力をかける。後退するロールスをそのままロープに追い込み、最後は左フックが顔面をとらえた。膝から崩れ落ちて前のめりにダウン。目は、焦点が合っていない。立ち上がろうとするも、フラフラの足では無理だった。久々に炸裂したゴロフキンの一撃に、米ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンは大歓声となった。

「DAZN USA」は「ゲンナジー・ゴロフキンが圧巻の戦いでDAZNデビューを飾った」と、実際のKOシーンとともにツイッターに投稿。キャリア19勝(10KO)無敗だったロールスを沈めた強烈左フックは再生3万超を記録。ファンからは「ビッグ・ドラマだ」「カネロ戦が待ちきれない」などと反響があった。

 海外報道によると、ゴロフキンは6月に指名挑戦者カミル・シェルメタ(ポーランド)との初防衛戦、9月に4階級制覇王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)との第3戦を控えているとされる。新型コロナウイルスの影響にも左右されそうだが、ビッグファイトが早く観られることを願いたい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集