[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦へ新たな一手 カシメロ、伝説モハメド・アリの“虎の穴”で修行中

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。打倒モンスターを狙うカシメロは伝説のヘビー級世界王者モハメド・アリが現役時代に腕を磨いた“虎の穴”で修行していることが判明。フィリピン地元紙「マニラ・ブレティン」が報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

アリが現役時代に練習したジムで調整中とフィリピン紙報道

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。打倒モンスターを狙うカシメロは伝説のヘビー級世界王者モハメド・アリが現役時代に腕を磨いた“虎の穴”で修行していることが判明。フィリピン地元紙「マニラ・ブレティン」が報じている。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 一足先に米国入りし、事前合宿を進めているカシメロ。現在はフロリダ州マイアミビーチでトレーニングを行っているが、伝説のチャンプ由来の場所で修行しているという。

 記事によると、プロモーターのショーン・ギボンズ氏は「ここはアリがトレーニングをしたフィフス・ストリートジムと同じ場所なんだ」と語っている。

 記事では「モハメド・アリが1960年代にアンジェロ・ダンディの下で技術を研磨したジムで、フィリピン人王者ジョンリエル・カシメロはナオヤ・イノウエとのバトルに向けてトレーニングしている」と報じている。

 アリは1960年にローマ五輪ライトヘビー級で金メダルを獲得。64年にソニー・リストンを撃破し、世界ヘビー級王者となったが、若き日に修行した虎の穴がフィフス・ストリート・ジムだった。

 1964年にアリがビートルズと記念写真を納まった名所としても知られ、1993年に名門ジムは幕を降ろしたが、同じ場所に新ジムが2010年にオープンしたという。

 アリのみならず、ジョージ・フォアマンやシュガーレイ・レナードも指導した名伯楽ダンディの歴史残る場所で、カシメロは井上戦に向けて鍛え上げている。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集