[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

途中棄権の福士加代子がコメント発表 今後は「一度リセットした上で冷静なプランを」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。日本陸上界初の5大会連続五輪出場を目指していた福士加代子(ワコール)は30キロ過ぎに途中棄権した。

5大会連続五輪出場を目指すも途中棄権した福士加代子【写真:石渡史暁】
5大会連続五輪出場を目指すも途中棄権した福士加代子【写真:石渡史暁】

30キロ過ぎに途中棄権、監督と合同コメ「自分の思ったようなレース展開を作れず」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。日本陸上界初の5大会連続五輪出場を目指していた福士加代子(ワコール)は30キロ過ぎに途中棄権した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 雨が降りしきる悪条件の中、スタートから先頭集団についた福士は後方で様子をうかがいながらレースを展開。しかし、30キロ地点は、一山麻緒(ワコール)ら先頭が1時間40分30秒に対し、福士は1時間47分19秒の22位だった。代表内定は絶望的な状況となったが、懸命に歩を進めた。ここから大きくペースを落とし、30キロ過ぎに途中棄権。一山のゴールから約1時間遅れでゴール地点には姿を現した。

 取材対応はせず、ワコール永山忠幸監督との合同コメントを発表した。以下の通り。

「本日の名古屋ウィメンズマラソン2020は、15キロ近くでレースペースをうまくつかめず、20キロまでの間で何とか集団の中でリズムをつかもうとしたが思うように体が動かなかった。その時点で体が冷えてしまって、動きがかたくなり、心と体がレースペースに反応できなかった。

 途中棄権は全く考えていなかったが、自分の思ったようなレース展開を作れなかったため、自分自身で判断して30キロで棄権を選択した。

 今後に向けては、一度リセットした上で、冷静なプランを考えたいと思います。

 雨の中、たくさんの応援、本当にありがとうございました。

 最後になりますが、本大会開催に向けてご尽力されました関係するすべての皆さまに、心より厚くお礼申し上げます」

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集