[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位安藤友香、給水ミス失敗で近くの選手からもらう「大迫さんを見ていたので…」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2017年に初マラソン日本歴代最高タイムをマークした安藤友香(ワコール)は、30キロ過ぎから一山に離されるも2時間22分41秒で2位と健闘。五輪は逃したが、晴れ晴れとした表情を見せた。

会見で明るい表情を見せた安藤友香【写真:石渡史暁】
会見で明るい表情を見せた安藤友香【写真:石渡史暁】

他の選手からドリンクを分けてもらう「シミュレーションができていた」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2017年に初マラソン日本歴代最高タイムをマークした安藤友香(ワコール)は、30キロ過ぎから一山に離されるも2時間22分41秒で2位と健闘。五輪は逃したが、晴れ晴れとした表情を見せた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 30キロ地点まで先頭集団で快走するも、直後の給水から一山に引き離された。それでも懸命に走り抜き、2位でフィニッシュ。「多くの方に背中を押していただいて、最後まで諦めずに走ることができた。一山選手がすごい記録で走ったので、すごいなという気持ちと、悔しい気持ちがあるけど、自分としてはやり切ったのですっきりしています」と振り返った。

 給水所ではことごとくスペシャルドリンクを取り損ねた。しかし、1日の東京マラソンで優勝した大迫傑(ナイキ)が、ほかの選手からドリンクをもらっているシーンを見ていたことがプラスになった。一山、細田あい(ダイハツ)に声をかけてドリンクを分けてもらってカバーした。

「上手に給水が取れなくて、その練習もしないといけないと思ったけど、大迫さんがほかの選手からもらっているのを見ていた。テンパらず、取れなくても近くの選手からもらって、落ち着いて走れば大丈夫と頭の中でシミュレーションができていた。今回活かせて良かったです」

 東京五輪の出場はならなかったが「完璧ではないけど、今までに比べたら成果のある、きっかけの掴めるレースにできた。良かったことは良かったことで、ダメだったこともあるので、反省して次同じことをやらないようにしていきたい」と、次を見据えて収穫の多いレースだったようだ。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集