[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳ワリエワ、圧巻のSP世界最高得点を海外絶賛 ISU公式「極上の演技を披露した」

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は6日、女子ショートプログラムが行われ、ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者の13歳カミラ・ワリエワ(ロシア)がジュニアのSP世界最高得点となる74.92点で圧巻の首位発進。国際スケート連盟(ISU)は最後の連続3回転ジャンプを動画付きで公開し、海外メディアも高く評価している。

世界ジュニア女子で首位発進したカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
世界ジュニア女子で首位発進したカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

74.92点でSP首位発進、ISU公式サイト、海外メディアも高評価

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は6日、女子ショートプログラムが行われ、ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者の13歳カミラ・ワリエワ(ロシア)がジュニアのSP世界最高得点となる74.92点で圧巻の首位発進。国際スケート連盟(ISU)は最後の連続3回転ジャンプを動画付きで公開し、海外メディアも高く評価している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 22年北京五輪候補と目されるロシアの超新星が、初の世界ジュニアで躍動した。冒頭の3回転ループを驚異の高さから余裕をもって着氷、続く2回転アクセルも成功させた。ジャンプだけでなく、スピンのレベルの高さも折り紙付き。最後のルッツ―トウループの連続3回転も決め、圧巻の演技でエストニアの観衆から喝采を浴びた。

 ISU公式ツイッターは最後の連続3回転ジャンプを動画付きで公開し、公式サイトでは「ワリエワは極上の演技を披露した」と称賛した。3本のジャンプ要素を紹介した上で、さらに「美しいスピン、ステップは全てレベル4に値するものだ」と技術力を評価。「そして、この13歳は74.92点という自己ベストを記録したのだ」と伝えた。

 また、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」公式サイトは「ワリエワはプログラムに3回転アクセルを取り入れていない。しかし、それは今日障害にはならなかった」と評価。「審査員たちを感動させるプログラムであり、彼女のシーズンベストである74.92点を叩き出した」と称賛した。

 平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ、目下の女子を席巻するアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワといったトップ選手と同じエテリ・トゥトベリーゼ氏に師事する13歳。今季からジュニアに上がったばかりだったが、シニア顔負けの得点で存在感を発揮した。7日のフリーに期待は膨らむ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集