[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪争い脱落の設楽悠太は取材応じず 所属先監督「完全に力負け」「本人はサバサバ」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、2度目の報奨金1億円を獲得した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)は16位、井上大仁(MHPS)は26位に終わり、代表争いから脱落した。

16位に終わった設楽悠太【写真:荒川祐史】
16位に終わった設楽悠太【写真:荒川祐史】

設楽悠太は無念の16位で五輪争い終戦、ホンダの小川監督「疲れが残っていた」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、2度目の報奨金1億円を獲得した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)は16位、井上大仁(MHPS)は26位に終わり、代表争いから脱落した。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上・伊藤友広、秋本真吾インタビュー(GROWINGへ)

 設楽の東京五輪をかけた戦いは幕を閉じた。序盤から井上、大迫の先頭集団にはついて行かず。冷静に第2集団で走ったが、高速レースで日本記録を上回るペースだった。ペースを上げた大迫に対し、設楽は逆転できず。2時間7分45秒で16位に終わった。

 レース後、インタビューに現れた設楽は報道陣の問いかけに「着替えていいですか」と返答。取材に応じず控室へと向かった。控室から出てきたが、質問に答えることはなく通過。代わりに所属するホンダの小川智監督が取材に応じ「完全に力負けです。他には何もないですね」と代弁した。

 第1集団につかなかったことには「(ペースメーカーの設定で)前が速いとわかっていたので、安定したペースで行こうと思った」と説明。コンディションについては「疲れが残っていた。ここ数日で状態が上がってきたけど、100%じゃないとこのレベルのレースでは難しいですね」と悔やんだ。体に痛みがあったわけではないという。

 ゴール後に設楽本人と話し「いつもの通りでした(笑)。サバサバとした感じ」と、ひょうひょうとした表情だったという。最後に「今日は力負けでした。ペースを上げられなかったというか力負けです」。今後については「普通に出ていきますよ」と駅伝、トラック種目にも出場していく姿勢を示した。

 東京五輪代表は昨年9月のMGCを制した中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)が内定済み。残り1枠は、今大会とファイナルチャレンジ第3戦のびわ湖毎日(3月8日)で大迫の日本記録より1秒速い設定タイム2時間5分49秒を切った最上位者が内定し、両大会で突破選手がいなければMGC3位の大迫が3人目の代表となることが条件だった。有力選手の多くがびわ湖毎日より今大会に勝負をかけたことで“最終決戦”と目されていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集