[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬古利彦氏、日本新記録の大迫傑を称賛「素晴らしい選手」「神様は見ていると…」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、2度目の報奨金1億円を獲得した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)は16位、井上大仁(MHPS)は26位に終わり、代表争いから脱落した。

日本陸連の瀬古利彦氏【写真:浜田洋平】
日本陸連の瀬古利彦氏【写真:浜田洋平】

大迫が五輪代表決定的、ハイレベルな戦いに瀬古氏「リーダーとして本当に嬉しい」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、2度目の報奨金1億円を獲得した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)は16位、井上大仁(MHPS)は26位に終わり、代表争いから脱落した。

【特集】人生2度目のマラソンでオリンピック出場内定 可能性を探り続ける探究の道 / マラソン・鈴木亜由子インタビュー(GROWINGへ)

 大迫が見せた意地の日本記録更新。レース後、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは会見し「大迫選手は、期待通りの走りを見せ、素晴らしい選手だと思った。神様は見ているんだな、と。最後までチャレンジしてくれた井上選手も頑張ってくれた。今回の経験は今後生きていくと思う。30キロ過ぎまで井上君がいたことが、今回の大迫君の記録につながったと思っている」と振り返った。

 序盤から海外勢が引っ張るハイペースの大会。瀬古氏は「本当に高いレベルのレースになった。これがリーダーとして本当に嬉しいこと。これまでの選考方法ならここまで記録が出なかったのではないか。今後につながっていくはず」とマラソン界のレベルアップを喜んだ。

 東京五輪代表は昨年9月のMGCを制した中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)が内定済み。残り1枠は、今大会とファイナルチャレンジ第3戦のびわ湖毎日(3月8日)で大迫の日本記録より1秒速い設定タイム2時間5分49秒を切った最上位者が内定し、両大会で突破選手がいなければMGC3位の大迫が3人目の代表となることが条件だった。有力選手の多くがびわ湖毎日より今大会に勝負をかけたことで“最終決戦”と目されていた。

 新型コロナウイルスの影響で規模縮小になったが、瀬古氏は「レースを開催させて頂いたことを感謝申し上げます。出られなかった一般ランナーのためにも選手たちはしっかり走った」と話した。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集