[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のカシメロ戦は乱打戦必至 フィリピン人練習相手「間違いなく言えるのは…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。井上陣営がスパーリングパートナーとして招聘したフィリピン人選手は「最初に当てた方が勝つ」と予想している。フィリピン地元紙「マニラ・ブレティン」が報じている。

井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images・AP】
井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images・AP】

井上のスパーリング相手を務めるパガタ「間違いなく乱打戦になる」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。井上陣営がスパーリングパートナーとして招聘したフィリピン人選手は「最初に当てた方が勝つ」と予想している。フィリピン地元紙「マニラ・ブレティン」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 海外のブックメーカーは井上本命のオッズを設定する中、14日から横浜市内の大橋ジムで井上のスパーリングパートナーを務めるフィリピン人選手は独自の予想を立てていた。「最初に着弾させた方が勝つ」と語ったのは、スーパーバンタム級で32勝1敗の戦績を誇るプリンス・アルベルト・パガタだった。

 記事によると、1階級下の井上とはすでにスパーリングをこなし、「ダウンしそうになったけど、リングに倒れるなと自分に言い聞かせた」と追い詰められたエピソードを披露したという。

 さらに、パガタは18年にはフィリピンの同胞カシメロとスパーリングで対戦した経験を持っているといい、「どちらもかなり強力だ。間違いなく言える一つのことは乱打戦になるということ。観戦が待ち切れないよ」とも語ったという。

 練習で拳を交え、米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)3位に君臨する井上の強さを肌で実感しているパガタ。母国の世界王者とのラスベガス決戦を心待ちにしていた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集