[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワイルダー&フューリー、負けても報酬31億円超 米記者「キャリア最大の賞金に」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)戦が22日(日本時間23日)に行われる。前日計量ではワイルダーがキャリア最重量の231ポンド(約104.7キロ)の肉体を披露し、ファンの視線を釘付けにした。早くも世界の注目を浴びる“世紀の再戦”は、実に2800万ドル(約31億円)のファイトマネーが保証されているという。米記者が報じている。

デオンテイ・ワイルダー(左)とタイソン・フューリー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー(左)とタイソン・フューリー【写真:Getty Images】

2800万ドルずつ保証と米記者が報道、さらにPPVの利益分も分配へ

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)戦が22日(日本時間23日)に行われる。前日計量ではワイルダーがキャリア最重量の231ポンド(約104.7キロ)の肉体を披露し、ファンの視線を釘付けにした。早くも世界の注目を浴びる“世紀の再戦”は、実に2800万ドル(約31億円)のファイトマネーが保証されているという。米記者が報じている。

【特集】世界選手権14度出場の“レジェンド”が繋ぐアイスホッケーとスポーツの魅力 / アイスホッケー・鈴木貴人さんインタビュー(GROWINGへ)

 ヘビー級のメガマッチは、動くマネーも破格だ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者は自身のツイッターでワイルダー―フューリー戦について言及。「フューリーとワイルダーは互いに2800万ドルに加え、ペイパービュー(PPV)の利益をこのヘビー級の再戦で稼ぐことになる」と記した。

 互いに負けても31億円以上が保証され、それに加わるPPVの利益分は5対5で分配。同記者は「キャリア最大の賞金となるだろう」としている。今、世界一稼ぐミドル級のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)は1試合30億円以上とされ、他階級に比べれば、破格の金額に。“世紀の再戦”の注目の大きさが表れている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集