[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プレーオフ進出へ、ウィザーズHCを悩ます“センター事情”「方法見つけなければ…」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは21日(日本時間22日)、本拠地でキャバリアーズと対戦。オールスター明け後半戦初戦に108-113で逆転負けを喫し、今季初の3連勝を逃した。怪我からの復帰以降、6試合連続スタメン出場となった八村塁は17得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを記録した。試合後、ウィザーズのスコット・ブルックスヘッドコーチ(HC)はトーマス・ブライアントが復帰したセンターポジションの課題について語った。

トーマス・ブライアント【写真:AP】
トーマス・ブライアント【写真:AP】

トーマス・ブライアントの復帰でセンターが3人に

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは21日(日本時間22日)、本拠地でキャバリアーズと対戦。オールスター明け後半戦初戦に108-113で逆転負けを喫し、今季初の3連勝を逃した。怪我からの復帰以降、6試合連続スタメン出場となった八村塁は17得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを記録した。試合後、ウィザーズのスコット・ブルックスヘッドコーチ(HC)はトーマス・ブライアントが復帰したセンターポジションの課題について語った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 プレーオフ進出に向け、手痛い敗戦を喫したウィザーズ。負傷者が戻ってきたチームは駒が揃ったものの、この試合では勝負所の第4Qでコートを広く使えず、攻撃に手詰まり感が見受けられた。その原因の一つはブライアントの復帰によって3人が名を連ねたセンターのローテーションにあったかもしれない。

 試合後の会見でセンターのローテーションについて聞かれたブルックHCは「3人で回すのは難しい。3人ともプレーさせようと試みたが、全員プレータイムの制限があった」と苦心したことを明かし、こう続けた。

「我々がうまくやらなければいけないポイント。方法を見つけなければいけないが、間違いなく難しい。ローテーションを管理できなければいけない。イアン(・マヒンミ)はタフなコールを受けたけど、ファウルトラブルがある。オフェンス面で我々が特段悪かったとは思わないし、シュートを決められなかったとも思わない。その原因がセンター3人のローテーションにあったとは思わないが、より良いローテーションを組んで、ゲームの流れを作る方法を見つけなければいけない。当分こんな感じだろう」

 指揮官はセンターのローテーションが勝敗を分けたポイントの一つであることは否定。しかし、ブライアントと息の合ったコンビネーションを見せる、エースのビールを活かすためにも重要な課題だ。健康な選手がそろったことで、今度は「誰をどのように起用するか」という悩みに直面するウィザーズ。その筆頭ポジションとしてセンターをどのように管理していくか。指揮官の腕の見せ所だ。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集