[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悲運ロドリゲス、4月にSバンタム級で世界挑戦か 母国紙報道「ここ数日間が重大」

ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がスーパーバンタム級に昇格し、いきなり世界戦で再起する可能性が浮上している。昨年11月に予定されていたWBCバンタム級挑戦者決定戦では、相手の前WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)の体重超過で試合中止となる憂き目に会った。悲運の元世界王者の次戦について、プエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

ロドリゲスが井上尚弥戦以来の再起戦へ、4月にSバンタム級王者に挑戦と母国紙報道

 ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がスーパーバンタム級に昇格し、いきなり世界戦で再起する可能性が浮上している。昨年11月に予定されていたWBCバンタム級挑戦者決定戦では、相手の前WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)の体重超過で試合中止となる憂き目に会った。悲運の元世界王者の次戦について、プエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ついに悲運のロドリゲスにとって、復活の舞台が見えてきた。記事によると、ロドリゲスのプロモーターを務めるフアン・オレンゴ氏がラスベガス入りし、WBC世界スーパーバンタム級王者レイ・バルガス(メキシコ)との世界戦実現の交渉を行うことになるとしている。

 記事では、オレンゴ氏は「マニー(ロドリゲスの愛称)は王者バルガスと対戦することになる。日時を決められることを願っている。それ以外の部分は合意に達している。4月開催を目指している。米国で実現する可能性がある」と語ったという。実現すれば、ロドリゲスにとっては昨年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ準決勝で井上尚弥(大橋)に2回KO負けを喫し、IBF王座を奪われて以来の再起戦となる。

 プエルトリコの元無敗王者はモンスター相手の敗北から苦難の道を歩んだ。昨年10月に元WBA世界バンタム級スーパー王者のラウシー・ウォーレン(米国)とWBC世界同級挑戦者決定戦に臨むはずだったが、ウォーレンがスパーリング中に右手を負傷したことで中止に。そこで、11月23日に代わりにネリと対戦することになった。だが、ネリは前日計量で規定を1ポンド(約450グラム)の体重超過。ネリ陣営は金銭面で解決を持ちかけたが、ロドリゲス陣営は毅然と拒否し、試合中止となっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集