[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かつての井上尚弥のライバル 元2団体王者バーネットはなぜ27歳でリングを去ったのか

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会はIBF&WBAスーパー世界王者の井上尚弥(大橋)の優勝で幕を閉じた。世界最強決定戦で、当初優勝候補の一角と目されていたのは元WBAスーパー&IBF王者のライアン・バーネット(英国)だ。2018年11月3日の大会初戦で元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対戦し、腰を痛めて途中棄権を余儀なくされた。2019年5月にスーパーバンタム級を舞台に再起戦を勝利で飾ったが、昨年10月、突如引退を発表した。井上のライバルと見られていた男はなぜ27歳の若さでグラブを吊るしたのか――。

ライアン・バーネット【写真:Getty Images】
ライアン・バーネット【写真:Getty Images】

WBSS初戦のドネア戦で途中棄権、2019年10月に引退を表明

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会はIBF&WBAスーパー世界王者の井上尚弥(大橋)の優勝で幕を閉じた。世界最強決定戦で、当初優勝候補の一角と目されていたのは元WBAスーパー&IBF王者のライアン・バーネット(英国)だ。2018年11月3日の大会初戦で元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対戦し、腰を痛めて途中棄権を余儀なくされた。2019年5月にスーパーバンタム級を舞台に再起戦を勝利で飾ったが、昨年10月、突如引退を発表した。井上のライバルと見られていた男はなぜ27歳の若さでグラブを吊るしたのか――。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 モンスターの強敵として立ちはだかるはずだった元世界王者は英地元紙「サン」で引退の理由を明らかにしている。

「2019年に1試合を戦って、トレーニングを続けている際、自分の体に異変を感じた。何かが起きている、と。専門家の診断を受けたけれど、ボクシングを続けることは自分自身にとってプラスにならないと悟った。基本的に(医者から)告知されたことは、このまま戦い続けていれば、狂気の世界に身を投じることになる、と。俺はそれに耳を傾ける必要があったんだ」

 バーネットはこう語ったという。記事では「ノニト・ドネア戦の序盤で負傷した腰痛が理由で、ベルトのみならず、最終的にはリングでのキャリアを失うことになった」と伝えている。

「終わりが近づいていることはなんとなくわかっていた。痛かったんだ。合宿をきちんと終えることができなかった。状態が酷かったので、ここはきちんと耳を傾けなければいけない。健康を甘く見ることはできないと考えたんだ。そう考えなければいけなかった」

 深刻な腰痛の状況についてこう振り返ったというバーネット。今年ガールフレンドとの結婚を控えていたことも決断を後押ししたという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集