[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾、再起戦勝利も現役続行は白紙 2年のブランク実感で胸中複雑「闘争心ない」

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が13日、東京・後楽園ホールで1年10か月ぶりの再起戦となる119ポンド(53・98キロ)契約ノンタイトル8回戦に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)に6回2分25秒TKO勝ちした。2018年2月4日に故郷・沖縄で2度目の防衛に成功して以来、739日ぶりの勝利。体重超過による資格停止処分を経て、日本の誇るKO男がリングに帰ってきた。

6回TKO勝ちした比嘉大吾(左)と具志堅用高会長【写真:浜田洋平】
6回TKO勝ちした比嘉大吾(左)と具志堅用高会長【写真:浜田洋平】

1年10か月ぶり再起戦勝利、「試合の感じがしなかった。緊張感がない」

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が13日、東京・後楽園ホールで1年10か月ぶりの再起戦となる119ポンド(53・98キロ)契約ノンタイトル8回戦に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)に6回2分25秒TKO勝ちした。2018年2月4日に故郷・沖縄で2度目の防衛に成功して以来、739日ぶりの勝利。体重超過による資格停止処分を経て、日本の誇るKO男がリングに帰ってきた。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2度のダウンを奪って快勝した比嘉。しかし、本人の胸の内は複雑だった。取材の第一声は「最悪でした」とコメント。「1ラウンド前半で疲れました。歯を食いしばりすぎて顎が痛い」と笑った。

 18年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。体重超過は国内の世界戦では日本人初の失態となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けていた。一度は引退を考えたが、階級を上げることなどを条件として昨年10月にJBCの処分が解除。1年10か月ぶりに試合が実現したが、気持ちは沈んでいたようだ。

「試合前から何の思いもなく来たので今の結果。試合って感じがしなかった。緊張感がない。ボクシングはそんなに甘くない。試合をしたらこのざまですから。とりあえず勝ててよかったけど、今回は自分の意思でここまで来られたわけじゃなかった。応援が凄くてその人たちのため。

 前はいつも緊張感があったけど、今回は入場からニヤニヤしてリングインまで楽しかった。でもそれは緊張感のなさですね。それくらい試合だと思っていなかった。自分に情けなさを感じる。本気ならこれが悔しいと思うけど、悔しいとも思わない。気持ちと体が違う」

 ブランクもあり、心と体が一致していない。「パンチは見えているけど、体がついていかない」。現在はWBC世界バンタム級7位にランク入りしているが「闘争心もない。ただ前に出ればいいやというボクシング。手応えもないし、疲れたし、どうしようという感じ。頭も回らない。どうしたらいいかわからない。それは見ている人にもわかると思う。それ(闘争心)がないとチャンピオンなんかなれない。計量失敗しても見捨てなかった人がいてくれた。恩返ししたい気持ちもある。本当に申し訳ないですよ」と率直な心境を包み隠さず明かした。

 陣営は世界挑戦を描いていたが、今後については「わからないです。自分にもわからない」と複雑な表情を見せた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集